1937aza003pl
DMM

ブランド:あざらしそふと
満足度:☆☆☆☆☆

イチャラブの最終形態!?


奏ちゃんがかわいすぎる

1937aza003jp-004

ストーリー
11月末、すでに夜間瀬町は深い雪に覆われていた。
新たな生活をするために雪国へやってきた主人公は、もの静かな旅館・縁嬉 でお世話になることに。
優しく可愛らしくも小悪魔な、同居人の車椅子の少女。
引っ込み思案でおどおどしながらも懸命な、図書委員の同級生。
明るく誰からも信頼されている、銀髪碧眼の学生会長。
そんな少女たちとの出会いと、穏やかで優しい町と新しい生活は、主人公を雪国に馴染ませていく。
だが、この町に馴染まない一人の女の子との出会い。
主人公と同じ日に転入してきた彼女を、“楽しくさせたい”。 その気持ちが主人公の青春を動かしていく。
この場所にいること。 隣の誰かを愛おしく思えること。
そんな雪国生活を今、始めよう。

1937aza003jp-003

どんな話の流れかというと
舞台は前作のアマカノと同じ場所の一年後の話
 旅館・縁嬉に居候になることになった主人公がヒロインたちと出会い
悩みや問題を解決していき打ち解けていき恋愛に発展していく



まず、この作品は文句のつけようがない
作画は綺麗で背景も美しく細かい
 声優の演技もよく声もいい
エロシーンもエロい
前作同様 雪国 が舞台でさらに旅館だけあって雰囲気もいい
 
そして
 
肝心のストーリーはヒロインの悩み、秘密、問題を解決していき
心を通わせていき、御互い好きになっていく
ここでヒロインの心の動きがよくわかるように
ヒロイン視点の描写がちょくちょく入るようになっていくのだが
これによってヒロインの心の動き、悩み、好きになっていく描写が描かれていて
ニヤニヤできたり感情移入しやすくなっている

告白後もキスや抱き合うまでに抑え、ヒロインを大事に思うようなシーンが結構続き
焦らされているような気分を味わえるw
だがそれが素晴らしい!

1937aza003jp-001

だが
人によってはパンチが足りないと思う方もいるかもしれない


ただ
ヒロインの中に足が不自由で車椅子の女の子 沓野 奏という子がいるのだが
この子だけは、車椅子なのにいつも明るい姿やリハビリを頑張っている姿
主人公をお兄さまと慕ってくれる姿
不自由な足のハンデがある自分でいいのかと悩む姿とか
 
かわいすぎる!
 
この子を幸せにしてあげたいという気持ちがわいてきますよ!
そして僕もシナリオを進めるごとに幸せな気持ちになっていきました

奏ちゃんは素晴らしい!
彼女だけでもやる価値はあります